第34回 春一番伊達ハーフマラソン中止について

令和3年4月18日(日)に開催を予定しておりました「第34回春一番伊達ハーフマラソン」は、新型コロナウイルス感染症の終息が不透明な中、実行委員会において、規模縮小を含め、開催に向けた検討を慎重かつ多角的に行ってまいりましたが、
・各地から多くの方が訪れることから、感染リスクが高いこと。
・スタート地点、ゴール地点などで完全に3密を回避することが難しいこと。
・コースが市街地であり距離も長いことから、コース全般に渡っての衛生上の安全管理が難しいこと。
・感染対策に万全を期して大会準備を進めたとしても、全国的な大流行等により結果的に中止となった場合、参加者をはじめ、協賛社、協力機関・団体等に多大なご迷惑をかける恐れがあること。
などの理由から、ランナー、スタッフ、ボランティア、観衆の皆様の安全確保を第一に、諸情勢を勘案し、募集準備にとりかかる直前のタイミングとなる本日(11/5)の実行委員会総会におきまして、大変残念ではありますが、「中止」とすることに決定いたしました。
2大会連続の中止は、この大会のこれまでの歴史や今後の継続性を考えると、苦渋の選択であり、本大会を心待ちにしてくださっていたランナーの皆様には申し訳ない思いでいっぱいですが、何卒事情をご理解いただきますようお願い申し上げます。
このような状況が一刻も早く終息することを願うとともに、再び多くのランナーの皆様をお迎えして大会が開催できるよう、第35回大会に向けて準備を進めてまいりますので、引き続き「春一番伊達ハーフマラソン」へのご支援・ご参加を賜りますようお願い申し上げます。

令和2年(2020年)11月5日
伊達ハーフマラソン実行委員会
実行委員長 影 山 𠮷 則